ページ

2017年6月28日水曜日

気滞の晴らし方

気滞の晴らし方

気の巡りが悪い時、つまり気持ちが塞がった時というのは、解決しないような問題を堂々巡りで考えてしまい、やる気や元気を消耗した状態であると言えます。
こんな時に、気分転換してみたら?とか別の事に集中してみたら?
と言われても、なかなか難しいかと思います。

私は、これを脳の酸化疲労と考えています。
ですので、いつもこんなときは、まず新ノーゲンと活性型DHAを補うことにしています。
新ノーゲンは、特に脳細胞を養う働きがあり、細胞外酸化を防ぐ働きを持っています。

活性型DHAは、やはり脳を栄養し、こちらは細胞内の酸化を防ぐ働きがあります。
両方を合わせて、服用後20分ほどで、気持ちが晴れてくるのが実感でき、そうなれば気分転換になる行動も起こせるようになってきます。

私がやっている気分転換の方法は、重症であればウォーキングに出かけること、鍋などを必死でみがいたり、掃除をすることです。
重症のときは、どちらかというと単純作業が適しているかもしれません。

そして軽症であれば、部屋の模様替え、新しい文献を読み取る、少し複雑な楽譜をさらう・・・・などで脳の別の部位を使い、脳を楽しませることで、気が上昇してきます。

尚、脳の疲れ(精神疲れ)だけでなく、体がだるく重くて、やる気が起こらない時は、季節特有の湿邪が、気の巡りを塞いでいる可能性があります。
こんなときは、体を温めて汗をかき、湿邪を汗や尿から抜くことが大切です。

タンポポ茶を飲んで温泉に浸かったり、柑橘系のアロマでマッサージと温灸を併用してみてはいかがでしょうか?
あるいは、大好きな音楽を聴いてみるのもよいですね。
自分なりの対策メニューを作っておくと役立ちます♪