ページ

2011年6月21日火曜日

肥満症と漢方

薄着になる夏はダイエットに関する関心が高まる季節ですね。
今日は漢方薬を用いたダイエットについてお話してみたいと思います。
肥満用の漢方薬を服用するときに最も大切なことは自分の体質(証)をきちんと把握することにあります。
漢方薬を飲んでダイエットしている方に、副作用が出て体調を壊した・・・・というお話を聞くことがよくあります。
本来、体質(証)に合った漢方薬を服用していれば、このようなことはないのですが、店頭のPOPなどを見て素人判断で服用したり、相談した相手がプロの漢方家でない場合にこのようなことが起こりがちです。

OOを飲んだだけで痩せる・・・などという魅力的なキャッチフレーズの商品の多くが漢方でいう瀉剤であることが多いです。
瀉剤とは、体にある余分なものを捨てる、あるいは取り入れないという性質のもので、具体的には利尿剤、発汗剤、下剤などの薬味が配合されたもの、糖や脂質の取り込みを阻害するようなものがあげられます。
このようなお薬を、体力が無い方、胃腸が弱い方、貧血の方、冷え性の方が飲んだら、いっぺんに具合が悪くなりますし、体力がある方でも、邪気が排泄されれば体質が変わってきますので、最初は調子がよかったけれど、長く続けていたら食欲がなくなり、元気がなくなってきた・・・ということは往々にしてあることです。

肥満には大きく2通りあって、体に余分な脂肪、糖、水分、毒素を溜め込みすぎて太っている場合と、正しい栄養が足りていない、あるいは胃腸の働きが悪く摂った食物が栄養に変わっていないなどの理由で、五臓の代謝能力が落ちて太ってきてしまう・・・・の2種類です。
わかりやすく言うと、水洗トイレの水が上手く流れないとき、何かが詰まっていて流れない場合と、水の勢いが細すぎて流れない場合とがありますよね?
どちらも正しい対処法をしてあげないと、どんどんと内容物は溜まってゆきます。
そして、足りない内容が何なのか?
詰まっている内容が何なのか?
を細かく分析(弁証)して、それに対応した漢方薬を配合します。
当然、万人に合ったダイエット漢方などというものはなく、オーダーメイドの処方になって当然です。
皆さんは、甘い言葉に騙されず、信頼のおける漢方薬局でご相談くださいね!

2011年6月4日土曜日

閉経後高血圧

血圧が高いことには、それなりの理由があります。
血液が薄く水っぽい、血液量が少ないなどの原因でも、酸素が十分に届かないために、圧力を上げて血液の濃度を高めてやらねばなりませんし、血液が汚れて動きが悪くても圧を上げなければなりません。

特に、閉経後に血圧が上がるのは、女性ホルモンの恩恵が少なくなるために、細かい毛細血管の血流が細くなり、目詰まりしやすくなるのが原因です。
血圧が高い状態が長く続くと、血管に負担がかかって、傷がいきやすく、それが血栓を形成するために、梗塞系の疾患の心配が出て参ります。

これには、血液中の余分な糖、脂質等による汚れと流れの悪さを改善することと、血栓を形成させないこと、あるいはできた血栓を少しづつ溶かすことが、最大の予防法です。
タンポポ茶は、血液の解毒を促進し、肝臓、腎臓、網膜などの微少循環を改善して、血管を丈夫に保ってゆく他、ホルモンのバランスを調整する働きも持っています。
また、循環元は、血栓を穏やかに溶かし、血液の流れをスムーズにして詰まらせない働きを持っていますので、併用すると大変に効果があがります。

また、閉経を迎えるころになると、生命力の源である腎精、そして体を栄養している肝血が不足してきます。
特に大きな病気をされた方、慢性的なストレスで消耗している方、神経過敏の方は要注意です。
もしも、目が疲れやすくなった、外が眩しく見える、目の下の筋肉がピクピクする、足がつりやすくなった、眩暈、耳鳴り、動悸、息切れ等がしやすく、疲れやすくなった方は、肝血不足で、質の良い血液で栄養されずに、血圧が上がっている可能性もあります。
このような方は、プラセンタ、子羊袋などで、血液力を補ってゆくことも大切です。