ページ

2009年3月25日水曜日

血に関する老化

シリーズ6回目 血に関する老化

若い頃は血気盛んな方もだんだんと歳とともに衰えが見られます。
それは、血の生成が衰えるためです。
ご存じのように、血は全身を栄養しているわけですが、特に血の消耗が激しい部分は、脳と目。
そして肝や腎もそうです。

皆さんが物事に集中したり、考えをまとめたり、良いアイデアが浮かんできたりするのは、脳が十分に血で満たされているときです。
ひとたび血が少なくなると、頭がぼうっとして、考えがまとまらない。
忘れっぽい。
やる気や気力が起きてこない。
そして熟睡できない・・・などの症状に見舞われます。

また、目は多くの毛細血管の集まりです。
血液が勢いにのって順調よく流れていれば、目は明るいのですが、パソコンのやりすぎ、テレビの見過ぎ、夜の読書等により、血を消耗すると、いっぺんに毛細血管の血流が低下し、目がかすむ、見にくい等の症状が出てきます。

肝や腎も毛細血管の集まりです。細かい血管に目詰まりを起こしたり、流れが細くなると、本来の機能を発揮することができません。
肝は体の各要所に血液を分配したり、体に入ってきたものを解毒したり、ストレスを上手くコントロールする働きをもつので、肝の働きが落ちると非常に疲れやすくなります。
また、腎は、成長、老化防止、ホルモン系の産生に関わる臓です。
腎の血流が低下すると、体が冷え、足腰が痛む、耳が遠くなる、白髪、禿など老化症状がでてきます。
血はとても大切ですね・・・。
次回は、血を増やす養生、血を無駄遣いしない養生についてお話しますね。

2009年3月5日木曜日

脾気を高める養生法

シリーズ5回目 気に関する養生法(2) 脾気を高める

先回、肺気を高める養生法についてお話しましたが、今回は脾気を高めるお話です。
気は、肺から吸う気と、脾が食物を体に必要な精微物質に変化させて作られますので、肺の働きとともに、脾を強めることはとても大切なことです。

私達にとって最も消化しやすく、胃腸に負担がかからない食べ物は、穀物です。
正しい気を補うためには、ご飯はとても大切なんですね。
お菓子やジュース、インスタント食品などでお腹を満腹にすると、正しい気が作られません。
また、動物性のタンパク質や油脂類は、消化のために多くのエネルギーを必要とするため、脾にかなりの負担をかけてしまいます。
食事の中身として、全体の5割を穀物、3割をお野菜、2割をタンパク質やデザート等に配分すると良いでしょう。

そして、脾に負担をかけないために、よく噛むことが大切です。
自分が、胃腸が弱いと感じておられる方は、一度にたくさん食べ過ぎず、一日何度かに分けて少量をいただいてください。
また、お腹がすいていないのに、時間がきたから仕方なく食べるのは止めて、お腹がすいてからいただきましょう。

脾気をより高めるためには、お腹を冷やさないこと。
冷たい物を一気のみしたり、冷蔵庫から出した冷たい物は、そのまま食べず、少なくとも常温にして召し上がってください。
お野菜も生野菜よりも火を加えて調理したものがお腹を温めます。お腹が温かいと消化もよくなり、正しい気が効果的に生まれます。

保健室のお勧めは食欲が無い方、胃腸が冷えている方、花粉症やアレルギー(胃腸の冷え)に悩んでいる方は、胃腸を温め脾胃の働きを高める、大熊柳(1ヶ月分11550円)が良いですね!