ページ

2013年3月19日火曜日

心の炎症と発ガン


心の炎症と発ガン

発ガンのしくみに炎症が大きく関与していることは一般的にはあまり知られていないかもしれません。
どちらかというと、体が冷えるとガンになりやすいことはわかっているけど、炎症って??と思われるかもしれませんね。
これの答えは、冷えたところには炎症を作りやすい!ということなんです。
しもやけと同じですね・・・。

体のある部分に冷えが生じると、組織は”このままではいけない、細胞がダメになってしまうから、修復の為の準備をしなくちゃ・・・!”
と危機管理システムが働き、炎症因子を刺激します。
そしてその部分に血液と熱を集めて、組織を修復しようとするしくみが働きます。

このメカニズムを上手く利用するのがガン細胞です。
炎症のあるところには、血液と糖分が集まってきますので、分裂増殖するのに、多くの糖質と血液を必要とするガン細胞は、血管新生を行って、とぐろのように巻いた毛細血管をタコの足のように伸ばして、自分自身に取り込んでゆきます。

ですから、胃炎、潰瘍性大腸炎、扁桃炎、子宮内膜炎等々、炎と名の付いた持病をもっている方は、今すぐに発ガン防止のための養生をしてゆくことが大切です。
紫霊芝、霊芝胞子などの清熱解毒薬を上手に使って、免疫を調整すると共に、炎症を助長しないことは一つのポイントになります。

また心の炎症・・・・鬱病、イライラ、不安神経症、パニック症なども、ストレスホルモンであるノルアドレナリンやコルチゾールを分泌させ、炎症因子を刺激してゆくことも知られています。
こちらの薬局にご相談の、発ガンを経験された9割の方に、発ガン前に数ヶ月~数年にわたる、強い心のストレスや解決できない悩みを抱えておられたことが明かになっています。

ストレスを受けやすい性質や性格の方は、脳疲労が激しく、脳の機能が消耗すれば、自律神経系、免疫系、ホルモン系のバランスも乱れやすく、治癒力が存分に発揮できません。
大豆食品や新ノーゲン等で十分に脳を栄養するとともに、こちらの薬局へ、生きるための”ほんわかパワー”のシャワーを浴びにいらしてくださいね♪♪♪

2013年3月12日火曜日

春先のめまい


春先のめまい

三寒四温、急に温度が上がったり、真冬に逆もどりするような、この季節は突然の眩暈に要注意です。
特に、冬場に消耗するような心配事があって、体に十分な貯金が無い方は、こういった変化に対応できなくなります。

例えば、気温が上がった日は体に内熱が生じ、汗がかけない状態にあると熱が籠もりやすくなります。
首から上に熱が昇り、足は冷えて、上下が分断して気の巡りが悪くなります。
首~後頭部が張って詰まった感じになり、イライラしてじっとしていられなくなることが多いようです。
この場合は、足をしっかり温めて、上に昇った気を下へ下げて、気を巡らすようにします。
漢方では、かぎかずら+紅羅布麻などが有効です。

もうひとつは、急に暑くなったために、水分を摂りすぎたり、甘いものや消化に悪いもので胃腸を傷めた場合による痰湿が気の巡りをとどめ、眩暈を起こすことも多いです。
撮りすぎた水分が、うまくはけないうちに、夜になって冷えると、余剰の水分によって気の流れが塞がれ、吐き気や眩暈等の症状が突然に現れます。
この場合は、かぎかずらの他に苓桂朮甘湯や、半夏白朮天麻湯を併用する場合も多いです。
足三里や豊隆、陰陵泉等のツボを刺激することも良いですね。

春先の眩暈は、冒頭にお話したように、肝腎不足(体力の消耗)から起こしやすいので、引き続き、プラセンタや新ノーゲンでこれを補い、予備力を蓄えることがとても大切になります。

2013年3月7日木曜日

脳腫瘍と養生


脳腫瘍と養生

ガンは、低体温、低酸素、高血糖、炎症を招くようなライフスタイルが関係していることがすでにわかっています。
すなわち、ストレスフルな生活の上に、睡眠不足や運動不足を重ねること、そして精白食品、ω6系脂肪酸、加工食品等の過剰摂取が、発ガンを促進する炎症体質を作り上げてゆきます。

それでは、小学校へ入る以前の子供のガン・・・特に多い脳腫瘍について、どのように理解すればよいのでしょうか?
まだ小さいお子さんの、食生活やライフスタイルの乱れ・・・・といってもなかなか理解しがたいものがあるかもしれません。
東洋医学では、これについて、先天の精の不足、すなわち腎虚が関係すると言われています。

お子さんの腎虚は、両親のライフスタイルが大いに関係していると思われます。
具体的には、両親の体が弱っていたり、非常に神経質であること、そして両親共に大きなストレスを慢性的に抱えていた上に、食生活が正しいものでなかったことなど、いくつかの条件が重なること。
また、お子さんが生まれてからも、同様の生活が続くこと等が考えられます。

こちらでは、小さなお子様の脳腫瘍のご相談に、紫霊芝と新ノーゲンを併用して効果をあげている事例がいくつかあります。
紫霊芝は、免疫調整+清熱解毒+血流促進ですが、これに新ノーゲンを併用する意味は、補腎によって脳髄を養うことです。
脳は腎の支配であり、腎虚があったために、脳髄が養えず、自律神経、免疫、ホルモンのクロストークに乱れが生じたと考えると、納得できるかと思います。
小さなお子様の脳腫瘍の治療には、抗ガン剤がよく奏功するために、しばしば大量の抗ガン剤が用いられます。
これによる、抗ガン剤の晩期副作用である、成長障害、すなわち、言語の遅れ、発達障害、身長の伸び悩み等は、深刻な問題になっています。
これらの障害を起こさず、自然な発育を促すために、脳髄を補うことは非常に重要です。


またこれを助ける養生として、就寝前の耳温灸、前向きな環境作りをお話しています。

現在数名のお子様が、発達障害なく、元気で過ごされています。