ページ

2012年12月25日火曜日

ガンは引き算の食養生で


ガンは引き算の食養生で

中医学では、発ガンは、究極のお血状態と考えます。
お血は、血行不良と末梢血管の充血を起こし、炎症体質を形成してゆきます。
ガンに対して何を摂るとよいか?ということよりも、なるべく、お血を形成しやすい血液を汚す食品を摂りいれない、引き算の食養生を頭にいれておくことが、成功の鍵になります。

お血を助長する食品とは?

1,精製された甘味・・・白砂糖、チョコレート、ケーキ、ココア、アイスクリーム、まんじゅう、菓子パン等

2,動物性タンパクと脂肪の摂りすぎ・・・牛、豚、羊、ハム、ベーコン等食肉加工食品

3,乳製品の摂りすぎ・・・牛乳、チーズ、生クリーム、バター、ヨーグルト、洋菓子等

4,リノール酸が多い油・・・コーン、大豆、綿実、ヒマワリ、サフラワー油、ファーストフード等

5,魚卵類・・・イクラ、カズノコ、タラコなどの多食

6,添加物の多い不自然な食品・・・インスタント食品等

現代人の食生活は、飽食により未消化の物質が食毒となり血液を汚したり、逆に体を汚す食品の摂りすぎによる、栄養不良を起こしているケースも多く見られます。
今日の体は、昨日までの食べ物で構成されています。
血液を汚す食事が毎回続かないように、少食と解毒食(五穀+豆、野菜、茸、海藻、発酵食品)を取り入れて養生しましょう。

2012年12月18日火曜日

誤嚥性肺炎と新ノーゲン


誤嚥性肺炎と新ノーゲン

どんな病気であっても、最終的に最も恐ろしく、亡くなる確率が高いのが肺炎です。
中でも、高齢者や体力が弱った方に脅威なのが、誤嚥性肺炎です。
誤嚥性肺炎とは、細菌が唾液、胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎で、食事中や、就寝時に咳反射や嚥下反射が低下して、知らない間に細菌が肺の中に流れ込み、肺の中で増殖します。

抗生剤やステロイドにより治療しますが、繰り返しやすく、そうしている間に体力が低下するとともに、抗生剤が反応しにくくなり、難治性になります。

誤嚥は、脳卒中や、麻痺症状がなくても、ストレスにより神経を消耗しているときにも起こりやすいので注意が必要です。勿論若い方でも起こる可能性はあります。

そのメカニズムは、神経伝達物質の不足で、ストレスや慢性的な悩み、思慮、葛藤等により、脳内ドーパミンが不足すると、咳反射、嚥下反射を起こす、サブスタンスPというペプチドの放出が低下し、飲み込む力が低下したり、咳反射がうまくいかなくなったりします。

ものが飲み込みにくい方や、錠剤を飲むのが苦手な方、むせたり、息道に入って咳き込んだりすることが頻繁な方は、脳の疲れが疑われます。

保健室ではこのような方に、脳の栄養剤・・・・”新ノーゲン”をお勧めしており、大変に嬉しい声を数多くいただいています。
新ノーゲンは、脳を構成する細胞の原料となるとともに、神経伝達物質の調整を図り、脳のネットワークをよくする働きがあるため、ストレスに対してとても丈夫になります。

先日も、新ノーゲンを1ヶ月飲んだ70代の方から、”食事中に、むせることがなくなり、ご飯が進むようになった”
”頭がスッキリして、とても元気に動ける”という声をいただきました。

高齢者の誤嚥の心配をしておられるご家族、そして脳卒中等でリハビリ中の方に自信をもって”新ノーゲン”をお勧めいたします。

2012年12月11日火曜日

冬は補う治療を優先


冬は補う治療を優先

自然の動物が冬眠するように、冬は体を休めて体力を温存する季節です。
冬に体を養うことで、来春から1年の体が出来上がるわけです。
ですので、冬は体力的な活動も、精神活動も他の季節の8割程度にとどめ、なるべくゆったりとして、睡眠時間も多めにとることが大切です。
逆に、冬に活動しすぎる、睡眠不足をする、無理をする、精神的に思い悩む、汗をかきすぎる、ダイエットをする、体を冷やす、攻撃的な治療を受けすぎる・・・と老化を早めたり、命を損傷することがあるので注意が必要です。

ガンをはじめとする病気で、長く煩っていること自体がすでに消耗を意味しますので、冬場は特に補う治療と養生を大切にします。
ご存じのように、ガンの原因は血液の汚れと不足です。
まちがったライフスタイルや食生活により血液の流れが細くなり、浄化力が低下すると、発病に至りますので、ガンの養生では、解毒が基本となってゆきます。

ところが、解毒も、体力がないと促進することができません。
皆さんは、ものすごく疲れたときに、便や尿がなかなか出せず、踏ん張れない体験はないでしょうか?
それと同じで、五臓の力が回復し、体力を回復させないと、悪いものを浄化する力も働きにくいのです。

補剤とは、体を補うもので、気力を補ったり、造血力を高めたり、胃腸の力をつけたり、体を温めたりするものをいいます。
具体的には、発酵紅参、コルマータQ10,大熊柳、Wリンクル、子羊袋、棗参宝、新ノーゲン、通竅、瓊玉膏、十全大補湯、四物湯・・・などが補剤に属します。

今年の夏は特に暑くて長く、すべての方が体力を消耗していますので、秋口から状態に応じて、これらの補剤をプラスして、大変に体が楽になり、状態がよくなってきている方が増えています。
特に、現在、手術や抗ガン剤、放射線等の治療で消耗したり食欲が低下しておられる方は、補剤と温灸療法で体を補ってゆきましょう。