ページ

2017年8月25日金曜日

辛い更年期の養生法

辛い更年期の養生法

月経がある頃は、正直”旅行に行ったり、大事な試験があるのに、うっとおしいなあぁ~”と思うときが度々ありましたが、諸先輩方に”あるうちが華やよ!”・・・と返された意味が、閉経後に実感できるようになりました。(苦笑)

46歳頃から、突然のめまい、血圧の急上昇、動悸、息切れなどの自律神経のコントロール不能からはじまり、閉経前後2年間は、ホットフラッシュや、突然の大汗などの血管運動症状、熟睡できない、ゆううつなどの精神神経症状、そして閉経後3年以降は、手足のしびれ、皮膚の蟻走感(皮膚がゾワゾワ、ムズムズして眠れない)・・・知覚神経障害、ヘパーデン結節の痛み、足腰骨盤の緩みと体型の崩れ等の運動神経障害・・・等々
いかに今まで女性ホルモンに守られてきたのか・・・しみじみと感じています。

エストロゲンには、神経細胞を保護する働きがあり、自律神経、血管運動神経、知覚神経、運動神経、脳神経など全身の様々な神経の損傷を防いでいます。
更年期になり、エストロゲンの分泌が低下すると、その恩恵が受けられなくなるために、神経の損傷が進み、上記のような様々な不具合を感じるようになります。

この対策として、今まで
1,タンポポ茶による、糖鎖情報の強化で、ホルモンのバランスを速やかに整える
2,プラセンタで、タンパク同化作用を高め、必要なホルモンを増量する
3,納豆や豆腐から大豆イソフラボンを補い、ホルモン様作用を高める
等、手薄になったホルモンを何とか補おう・・・という方ばかりに目が向けられてきましたが、それと同時に、損傷した神経細胞の修復能力を高め、神経細胞を元気にしてあげれば、速やかに不快症状が緩和されることが立証されました。

そこで登場するのが、核酸です!!!
核酸は、ご存じのように遺伝子を保護、修復してがんや認知症などの病気や老化を防ぐ働きがありますが、成長期を過ぎると体内での合成が低下するため、積極的に外部から取入れる必要があります。

私もさっそく、核酸DNAリペアルを1日15カプセルほどを数回に分けて服用したところ、3週間目あたりから、盗汗(就寝中の寝汗)、蟻走感による不眠、ヘパーデン結節の痛み、筋肉痛、足のつり・・・などが改善されて、驚いています。

核酸DNAリペアルは、更年期症状の程度を測定する、クッパーマン指数を有意に低下させ、更年期症状を抑制する・・・との特許もとられている商品です。

更年期の諸症状の辛さで悩んでおられる方・・・是非ご相談ください。
こちらでは、更年期指数を測定し、あなたの辛い症状に合わせた処方と服用法を提案しています。

★ーーーーーーーー核酸DNAリペアル(180粒入り) 税込5400円は、ご注文いただければ、発送も可能です♪

2017年8月2日水曜日

核酸について

核酸について

先日、大阪にて核酸の勉強会がありました。
核酸というと、多く含まれている食品が鮭の白子で、高級でなかなか口に入る物ではありません(苦笑)
★核酸を摂ると元気になる!
★朝の起床がスムーズ!
★頭がクリアー!
★体が引き締まりラインが綺麗になる!
★お肌がピチピチ、プルルン!
・・・等の感想がきかれますが、これはどうして???

人が老いたり病気するには、主に2つの原因があり、
一つめは日々酸化されてゆくこと
もう一つは、歳と共に核酸の合成が衰え、DNAが傷つけられた時に、細胞の再生に不具合が生じてゆくため
・・・と言われています。

DNAは、発ガン物質や紫外線、生体内にある化学物質により傷つけられ、細胞の再生ができなくなったり、誤ったタンパクを合成し、これによって人の免疫力は低下し、細胞のがん化を招いたり老化を促進することが明らかになっています。

DNAの損傷を防ぐには、長寿遺伝子を活性化することで、その方法は
1,今を楽しく笑いのある生き方をすること (ストレスホルモンを持続的に作らせない)
2,腹八分の少食と、化学的なものをなるべく口にしない (食物の代謝による酸化と薬品毒による酸化を最小限に)
3,核酸をダイレクトに食事から摂る
の3つ

眠っている長寿遺伝子が活性化すると、
1,がん抑制遺伝子(P53)を活性化しがん細胞をアポトーシス(自然死)させる
2,不具合のあるタンパク質を修復する働きが強まる
3,新陳代謝を高め、解毒を促進する
・・・・等の働きで、病から遠ざかり、老化を遅らせることが出来ると言われています。


DNAは五炭糖、リン酸と4種類の塩基(A,G,C,T)が螺旋状に結合した構造をしており、肝臓で作られるデノボ合成と食物から摂取した核酸が再合成されるサルベージ合成の2通りで体内に補給されます。
腸や骨髄等の正常細胞は、食物からのサルベージ合成を利用し、がん細胞は肝臓からのデノボ合成を利用することがわかっています。

成長期をすぎると、デノボ合成は衰え、細胞分裂のスピードダウンや質の悪い不完全な細胞が作られ、老化や発がんを促進するので、食物から核酸を補給するのが、老化予防のコツと言えそうです。

薬局店頭にも並んだ、核酸DNAリペアル・・・私もさっそく摂取しています♪
核酸を摂るだけでなく、筋肉運動や半身浴によるヒートショックプロテイン法を併用すると効果が絶大・・・ということなので、朝は核酸摂取後15分のダンベルダンス(音楽に合わせて、ダンベルを持って15分間、どこかの筋肉を使う)、夜は20分程度の半身浴を取入れています。
確かに・・・体が軽い!!!