ページ

2016年12月24日土曜日

呼吸が決め手の管楽器

呼吸が決め手の管楽器

フルートを始めて人前で演奏するようになって、来年2月8日で丸5年。
いろいろな紆余曲折がありました。

最初の頃は、練習の時はちゃんと音が出るのに、人前に立った途端に音が出なくなったり、講演後に肺気を消耗してしまい、音が当たらなくなったり・・・それはもう涙、涙の数々・・・・。
管楽器は、直接自分の呼気という気を排出して音を出す楽器なので、気の状態によりとても左右されます。
中医学で言う気は巡っていてなんぼ・・・で、太い気が大河のように淀みなく朗々と流れていることが大切です。

私が今まで思うような演奏が出来なかったときの数々は
1,演奏を待っている間に、手に汗をかいて緊張してきた、素晴らしい演奏者の後で演奏しなくてはいけない場面等・・・肝の問題で、気が昇ってしまった!
2,突然に演奏することになったり、時間にゆとりがない、或いは思いがけぬ人がいらしてプチパニックを起こした・・・心の問題で、気が散じてしまった!
3,自分に自信が全くもてず、今日は演奏できるかなぁ~?というような状態・・・脾の問題で、気が結んで閉じてしまった!
4,3時間の講演の後で息が疲れた、お腹が下った、鼻が詰まっている・・・肺の問題で、気が虚して無くなってしまった!
5,上手く演奏できるかなぁ?アドリブ大丈夫かな?失敗するかもという不安、恐れの気持ち・・・腎の問題で気が陥ちて沈んでしまった!
いずれも、気が昇る、散る、閉じる、虚す、沈むなどで、巡らすことができない状態のときに、ダイレクトに音に左右します。

特に、失敗なく上手く演奏しなくちゃ・・・なんて思って、自分らしさを見失うと、体に力が入ってきて緊張します。
体が硬くなると、口の周りの筋肉も思うように動かなくなり、適切なアンプシュア(フルートを吹く唇の穴)を作れなくなり、ザーザーと息が漏れる、当たらない音になってしまうのです。

こんな数々の気のトラブルを防ぐ為にやっていることは、とにかく気を整えることなんですね。
精神的には、
★世の中にフルートの上手な方々が山ほどおられますが、自分は自分で全く違う土俵にいるから、心配ない、自分の音を届けよう・・・と思うこと
★自分は医療家なので、音楽をもって、心が癒されたり、楽しくなったり、喜んでいただけることが大切・・・自分自身がそんな気持ちで吹きたいと思うこと
★もともとクラッシックではないので、楽譜どおりに失敗なく・・・にとらわれなくて大丈夫!と思うこと

肉体的には
★緊張なく疏肝するために、演奏前は腹5~6分、玄米おにぎりと柑橘系、又は蕎麦等の理気の食材をとっておくこと
★睡眠不足しないこと
★気を巡らす経絡リンパ養生体操を起床時に施しておくこと
★必要に応じて、疏肝を促す柴胡剤、肺気を補充する紅景天、冬虫夏草、コエンザイムQ10等の補剤、血虚不安対策のグリューワイン等を飲む

そして本番前は、左右の親指と人差し指でオーリングを作り鎖状に引っ張りながら、唇で歌穴を作り深呼吸・・・体の力を抜いて自分らしいイメージを描きます。
講演後に、音だしも出来ずにすぐに演奏・・・という機会が多いので、その時も必ず一呼吸をする・・・等

とにかく笑顔を施す”和顔施”を心がけ、皆様にほっこりしていただけるフルーティストになれるよう、精進してゆきたいと思います♪

2016年12月6日火曜日

お手当ての意義と順序

お手当ての意義と順序

痛みをとる、解毒を促進させる、体質を変えてゆく・・・などの養生の一つに手当てというものがあります。
手当ては文字通り、手を当ててさすったり、ツボ押しなどの刺激をしたり、温めたりするもので、小さい頃お母さんがやってくれた、”痛いの痛いの飛んでけ~”
とさすってもらうと、楽になった体験は、多くの方がされていると思います。

一般的に痛みがある箇所は気の流れ、血の流れが滞っており、鬱滞状態にあります。
また、解毒できていない体というのは、気の流れが塞がり、臓器の力が低下して代謝も落ちています。

元気な方の指先には温かいエネルギーがあり、その手でさすったり、温めたり刺激を加えることで、気血の鬱滞がとれて巡りがよくなります。
気血が流れ鬱滞がとれれば、痛みも解消します。

次にお手当ての手順についてですが、全身から部分に向かう順序で手当てをします。
例えば、足のむくみや、痛みを取りたいときに、足のふくらはぎをマッサージしたり、足にお灸をしたりするのは最後です。
まずは、入浴したり、全身生姜罨法、あるいは手足温浴などで、末梢の血流を良くしておくと、うんとよく効き目が現れます。

また、例えば痛みがある方、体がだるい方は、その箇所を温めたりさすったりする前に、腰浴をしたり肝腎のこんにゃく湿布やビワ葉こんにゃく湿布をしたりして、解毒の2大臓器である肝臓と腎臓に血液を集めます。
血液が集まるということは、そこに酸素と栄養が届けられ、臓器力が高まるということです。
すると、その後患部をピンポイントでお灸したりする手当てをしたときに、スムーズに痛み物質等が解毒されてゆきます。

この前処置がなく、患部のみを温めると、返って痛みが増して辛いことがあります。
痛みは治癒反応の一つといえど、あまり痛みが強いと不安になりますので、なるべく痛みを起こさない方がよいかと思います。

まとめてみますと
1,入浴、ウォーキング、ストレッチ、全身生姜罨法、半身浴、手足温浴等で末梢まで気血の流れをスムーズにしておく

2,ビワ葉こんにゃく罨法、腰浴等で肝腎の解毒促進手当てを行う

3,気になる患部のマッサージ、温灸、お灸等のピンポイント手当て

4,痛みが出そうな場合は、さらにその後、里芋、そば、豆腐等各種パスタを当てる

5,最後に耳の温灸等でリラックス

どうぞご参考ください。