ページ

2017年10月24日火曜日

がん・・・治ったさんからのメッセージ

がん・・・治ったさんからのメッセージ

先日、大阪で開かれたオカノさんの会(OTCカウンセラーの会)では、自分でがんを治した方々が、これから治そうとしている方々のために、その体験を熱く語られました。

ガンの患者学研究所の川竹代表は、がんになるには、三つの原因(ライフスタイルの乱れ、食事の乱れ、心の持ち方)があり、それを徹底的に洗い出し、悪い習慣を変えてゆくことで、今までの習慣の結果として現れたがんを治してゆくことが出来る・・・と語られました。

多くのがんの養生先達は、
1,働き過ぎ、寝不足、就寝時間や起床時間、食事時間の不規則を改める
2,郭林気功やウォーキング、経絡体操など自分に合った方法で運動不足を解消する
3,ビワ温灸をはじめとする、体を温める手当てを取入れる
4,甘いものや、肉、油脂の多食を改め、玄米や野菜を中心とした食生活に切り替える

5,ストレスを受けにくい心のありようを身につける
などを実行されてきていますが、その中で最も難しいのが、5番目の心の持ち方ではないでしょうか?

がんを治した5名の皆様が、座談会の最後に、”これからがんを治す皆様に何を一番お伝えしたいか”というテーマについて、語っていただきました♪

★加藤さんからの言葉
1,がんの治療や養生を人任せにしない
2,治るための、食事や手当てなどのセミナーに出て、方法論を身につける、セミナーに出ることで孤独にならない
3,自分ががんになった原因をしっかり洗い出し、ひとつひとつ改善してゆくこと

★小林さんからの言葉
1,自分の生き方に忠実に生きる(自分のやりたいように生きてみる)
2,今の感性を大切にする
3,自分の決断に責任を持てば、後悔はない

★佐藤さんからの言葉
1,嫌なことはサッサと忘れ、取り越し苦労も止める
2,怒ることを止め、笑うこと、人を笑わせることをすると、どんどん対人関係が良くなり、ストレスが減る
3,半身浴や手当てをするとき、毒素が出て、どんどん体が浄化されるイメージをもつ、そして根気よく続ける

★春名さんからの言葉
1,物事を難しく理屈をこね回さず、単純を大切とし、淡々粛々と続ける
2,完璧主義は自己否定の世界・・・減点を止めて、良かったところをみるという、うぬぼれの習慣を身につける
3,迷うとなおらない、直感力を大切にし、自分の方針にブレずにゆく

★鎌田さんからの言葉
1,しっかりした知識を身につける
2,どれだけ治りたいか、どう治すか、治す覚悟を決める
3,治し方を通じて、生き方の選択をする

この日来られた皆様の心に深く浸透したことと思います。
次に治るのは、皆様の番・・・せっかく聞いた宝のようなお話しを無駄にせず、即取り組んでくださることを願います♪

2017年10月14日土曜日

三朝温泉・・・行ってきました!!!

三朝温泉・・・行ってきました!!!

三朝温泉といえば、世界屈指のラジウム温泉で、全国から多くの方が湯治に訪れています。
気化したラドンガスを吸うことで、老化や生活習慣病の原因と言われる活性酸素を消去する抗酸化機能が高まることがわかっています。

さらに、微量なラドンの放射線が、細胞を活性化し、老化と共に促進する細胞の無秩序化を抑制する方向へ働いているようで、三朝温泉地区の人々は、がんによる死亡率が、全国の二分の一と言われています。

そこで意を決して、三朝温泉での湯治+漢方養生で良好な状態を保っておられるお客様のご紹介で、三朝温泉の湯治宿”ゆのか”さんに行ってきました。

”ゆのか”さんのオーナーのお話しでは、がんを患い、余命半年ほど・・・と宣告された、オーナーのお父様が、三朝温泉に1週間滞在されることで、軽快な足取りを取り戻され、その後、毎月1週間ほどの湯治を続けられ余命を大きく上回る2年を生き永らえられたことがきっかけで、湯治宿を始められた・・・とのこと。

”ゆのか”さんには、貸し切り制の2つのお風呂の他、岩盤浴の部屋があります。
最古の湯とも言われる株湯から引いた湯を、室内で流して気化したラドンを充満させてあり、横になっているだけで、その効果を得ることができます。

私もさっそく体験いたしましたが、室温が30~40度ということで、長く入っていても、しんどさがないのが嬉しく、それでいて体の深部が温まり、たとえようもない気持ちの良さを味わいました。

三朝温泉の湯治は、少なくとも3泊して3日目の朝を迎えると効果があるということで、三朝と名がついたそうです。
多くの方が5~7泊の連泊を月1~2度繰り返して湯治をされているようでした。
連泊で湯治しやすいように、お財布に優しいお値段が設定されており、自炊ができるようなシステムになっています。

体が喜ぶ土地で、日常を忘れて、ゆっくりと自分と向き合うことで、日頃のがんじがらめから解放され、すべての細胞の生命力を養い、治癒力が高まるのが、湯治の素晴らしさだと思います。
皆様も、少し時間を作って、湯治をされてみてはいかがでしょうか?

湯治宿、Cafe・・・ゆのかさん情報
〒682-0123 鳥取県東伯郡三朝町800-1
TEL&FAX 0858ー43-1950

2017年10月11日水曜日

ホルミシス効果と核酸

ホルミシス効果と核酸

浸潤性乳管がんのステージ4で余命数週間~数ヶ月と言われたSさん。
多発性の乳がんで、皮膚から露出があり、リンパ節、骨、皮膚、腹膜、胸膜、子宮、卵巣、頭蓋骨などに、転移があり、抗ガン剤(パクリタキセル+アバスチン)その後(エピノビシン+エンドキサン)等を受けたが、副作用で歩けなくなり中止された。
その後、ホルモン剤フェマーラをやっているが、マーカーが上がり始め、ラジウム温泉で本格的な湯治養生を行われた。

鳥取県三朝温泉の湯治宿”ゆのか”さんにて、5泊6日の湯治を月に2回のペースで、5ヶ月近く通われており、体調も良好、マーカーも下がってきており、露出していた病巣が、綺麗にかさぶたのように閉じている状態。(患部にも三朝の泥湿布をされていた)
余命数ヶ月どころか、元気に2年を迎えられています。
湯治をはじめてから、メキメキと体調が回復し、全身のだるさ、しんどさ、手のむくみなどがなくなったとのこと・・・。

彼女は、湯治と並行して、核酸、ビタミンC,タンポポ茶などを服用し、自宅ではびわ葉温熱手当てを気持ち良く行う。
食事は、甘い物や油物を避けて、あまり強い制限なしに食養生されるなど、体の声を聴きながら養生することの達人。
気持がとてもリラックスしておられ、日々の養生を楽しいでおられる感じが伝わってくる方です。

彼女から学んだ、養生の成功ポイントをあげてみますと・・・。

1,思い切って、湯治をする・・・という発想で非日常となり、治す事へのスイッチが入ったこと

2,食事法や、手当てにがんじがらめになることなく、気持ちよく理想の養生をされていること

3,三朝温泉のホルミシス効果と核酸の服用が、おそらく相乗的に働いたこと
等があげられる。

★ホルミシス効果とは、ある物質が大量では有毒となるが、低濃度、微量では有益となる効果で、この場合、ラジウム温泉の低線量放射線が、DNAの修復機能を高めたり、がん細胞のアポトーシスを誘導するという。

★一方、核酸は
1,60兆個の細胞の新陳代謝を促す
2,肝臓での解毒能力を高める
3,傷ついた細胞を修復する
4,異常細胞をアポトーシス(自然死)させる
等の働きの原料となるもの