ページ

2015年12月22日火曜日

中庸の大切さ

中庸の大切さ

人は何らかのバランスを崩したときに、病気になるように思えます。
仕事のしすぎ、家事や介護の頑張りすぎなど、ついつい無理をしていませんか?

私は40歳のときに、子宮頸がんを発症した病歴がありますが、思い起こしてみると、がんになるべくして発症したようなライフスタイルでした。
29歳で出産しましたが、妊娠中毒症が出た上に、後産が降りず、生死をさまようような出産になり、大きく免疫バランスが崩れたために、リウマチを発症しました。
これが薬局開業の翌年でしたので、自分の病気とつきあいながら、子育てと仕事の両立だけでも大変であったのに、翌年は実父が脳梗塞で倒れ、その後13年の介護生活が始まります。
そしてさらに、翌年には実母(56歳)がくも膜下出血で急死し、1人で傾きかけた薬局経営を立て直さなければならない状態に・・・。
一人娘で長男の家に嫁いだために、両方の家を維持せねばならず、頑張らねばならない日々が何年も続きました。
そして、脳梗塞の父が今度は肝臓がんを発症し、さらに薬局が水害にあって、その復旧に半年を要した後に、自分ががんを発症しました。

このような生活で10年間走り続けてこれたのは、若さゆえに抗酸化酵素が十分にあったことと、ダンスや中医学の勉強でワクワクできる時間があったからなのだと思いますが、寝不足や無理のしすぎが続けば、さすがに抗病力も低下したのでしょう。
今までの貯金を使い果すべく病を発症しました。

そこで今度は、薬局を5時に閉めて、午後7時に寝る!
とにかく十分すぎるくらい寝ること、玄米を主食にした和食、免疫調整+清熱解毒の漢方”紫霊芝”等で養生して、自分のがんを治しました。(手術、抗ガン剤、放射線等は受けずに、養生で!)
そして12年が経ちますが、今でも自分の体の声を聴くことをとても大切にしています。


例えば、仕事や自分のやりたい趣味などだけに打ち込めば、家族関係がぎくしゃくすることもあるし、介護等に時間をとられすぎて、自分のやりたいことができないと、それはそれでストレスが溜まりますよね?
自分もOK,家族や周りもOKでないと、人間関係のバランスも崩れ、それが精神的なストレスを生むことになります。
ですので、自分のこと、家族のこと、仕事、やりたいこと・・・常にバランスを取るように心がけています。

現在、辛い病気で養生中の方や、辛い生活を強いられている方は、是非発想の転換をして、”今は徳を積んで幸せ貯金をしている最中”と思ってください。
人生、幸せな時もあれば、精神的に苦しい時も、どなたでもあるかと思います。
でも、良いことばかりだと、有り難みも薄れ、徳を使い果してしまいますからね・・・。

辛いと思えるようなときこそ、味方を変えて楽しんでしまう工夫が大切ですよね。
そうすることで、体への負担は軽減され、バランスがとれてきます。
バランスがよくなると、角がとれて円になり、それこそ円滑に走り出す・・・それが健康の秘訣だと思います♪

たぶん私の寿命はとっくに過ぎてしまっているように思います(苦笑)
ですので、毎日毎日”今日も元気!有り難いなぁ~!”と1日1日を喜んでいます。
そう思うと、不安とは無縁になりますね!

0 件のコメント: